New保守宣言!!

2ch、Twitterなどから政治関連のニュースをまとめて不定期配信しています。

    集団的自衛権

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆iTA97S/ZPo 2014/07/07(月)12:10:03 ID:???
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140707/plc14070710030001-n1.htm (産経2014.7.7)

    安倍晋三首相は7日午前(日本時間同)、ニュージーランドのキー首相と、オークランドの総督官邸で首脳会談を行った。
    安倍首相が集団的自衛権の行使を限定容認する憲法解釈変更の閣議決定について説明したのに対し、
    キー首相は日本の安全保障法制見直しの取り組みを称賛した。

    両首脳は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の早期妥結に向けて精力的に取り組んでいくことも確認した。
    日本の首相が同国を訪問するのは平成14年の小泉純一郎氏以来12年ぶり。


    ◆関連
    【米国】日本の集団的自衛権の行使容認を歓迎=米政府 [2014/7/2]
    http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580003822385264384
    【政治】ドイツが集団的自衛権の行使容認を歓迎「ドイツ政府は歓迎する」 [7/4]
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1404404578/
    【豪州】日本の集団的自衛権行使容認を歓迎「国際平和への貢献拡大」[07/03]
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1404363377/
    【日比】「地域の平和を望むアジア諸国は全て日本の集団的自衛権を支持するだろう」フィリピン政府、日本の決定をあらためて支持[7/3]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1404380208/
    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404702603/l50 【安倍首相、集団的自衛権の閣議決定を説明 ASEAN諸国、米、独、豪に続きニュージーランド首相も称賛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 00:16:10.18 ID:???0.net
     集団的自衛権行使容認の閣議決定(1日)を受け、2日付新聞各紙には大見出しが躍った。なかでも産経は「『積極的平和』へ大転換」
    という大見出しでその歴史的意義を強調。中見出しで「今後50年日本は安全だ」という首相発言を掲げた。対照的に朝日は1面で
    「9条崩す解釈改憲」、2面で「ねじ曲げられた憲法解釈」、3面で「危険はらむ軍事優先」という見出しを打ち、日本が戦争に巻き込まれる
    危険性を警告した。

     産経は集団的自衛権行使容認によって戦後日本の国の守りがあるべき国家の姿に近づいたと評価。政治家も国民も共に考え、
    日本がより主体性をもって判断すべき時代を迎えたという(同主張)。朝日は戦後日本が築いてきた民主主義が踏みにじられるとの
    懸念を示した。この政権の暴挙をはね返すには国会論戦だけでなく、メディアを含めた草の根の異議申し立てが必要だとした(同社説)。

     こうした両紙論調のコントラストはこれが初めてではない。慰安婦問題の「河野談話」を検証した政府報告書(6月20日公表)でも
    顕著だ。産経は河野談話が「日韓合作」だったという特ダネをすでに報じていただけに「根拠のない談話により日本の名誉は著しく
    傷つけられている。談話は破棄、撤回を含め見直さなければならない」と断じた(同21日付主張)。一方、朝日はもともとこの問題の
    火元と目されているせいか、元慰安婦たちの救済を重視すると同時に、韓国政府の猛反発を懸念。「もう談話に疑義をはさむのは
    やめるべきだ」(同社説)と幕引きを主張している。

     集団的自衛権や河野談話について両紙の論調に違いがあることは別に問題ではない。それぞれ社の方針に沿った主張があっていい。
    その違いが安倍晋三首相の政治信条や国家観に対する評価の違い、ないしは日米同盟、日中韓関係に対する評価の違いに起因して
    いることは間違いない。

     保守を自任する産経がナショナリストと評される安倍首相の肩を持ち、中国の東アジア地域での急台頭を牽制(けんせい)する
    日米同盟強化を支持するのは当然だ。逆にリベラルを自任する朝日が安倍首相の「戦後レジームの転換」を批判、どちらかといえば
    反米、親中に傾くのも不思議ではない。両紙論調が併存していることはむしろ日本の言論界の健全性を物語るともいえよう。

     いま日本の言論界に求められているのはその健全性よりも平和国家日本のビジョンを語ることだ。歴史の教訓を踏まえ過去の過ちを
    繰り返すことなく未来志向の展望を切り開くことだ。戦争の危険性をいくら論じたところで戦争は防げない。戦争をいかにして防ぐか。
    その知恵を絞るのに保守もリベラルもない。

                       ◇

    【プロフィル】伊豆村房一

     いずむら・ふさかず 昭和16年東京生まれ。慶大経卒。元東洋経済新報社取締役編集局長。

    ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140706/plc14070610000005-n1.htm

    引用元スレッド:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1404659770/
    【【マスゴミ】新聞に喝!…戦争の危険性をいくら論じたところで戦争は防げない。戦争をいかにして防ぐか、平和国家日本のビジョンを語れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    136409341672213119841_kaieda_20130324115016
    1: φ◆FdDsU0B5ivx5 2014/07/06(日)19:05:53 ID:???
     民主党の海江田万里代表は6日午後、安倍晋三首相が武力攻撃に至らないグレーゾーン事態への対処や集団的自衛権の行使容認に関する法案を一括して国会提出する方針を示したことについて、「個別的自衛権と集団的自衛権の問題は区別すべきだ。どうして一括になったのか、説明が必要だ」と批判した。松江市内で記者団の質問に答えた。

     また、「法案を出さないことで秋の(臨時国会での)議論を先送りしているのかもしれないが、私たちは議論していく」とも述べ、政府への追及を強める姿勢を強調した。 

    時事通信
    http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-140706X308.html
    引用元スレッド:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404641153 【【政治】民主党・海江田万里氏「個別的自衛権と集団的自衛権の問題は区別すべきだ。どうして一括になったのか、説明が必要だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ