New保守宣言!!

2ch、Twitterなどから政治関連のニュースをまとめて不定期配信しています。

    イスラム

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/02/07(土)12:04:23 ID:???
     政府は6日の閣議で、集団的自衛権について、イスラム過激派組織「イスラム国」のように、
    国家として承認していない相手も行使の対象になり得るとの答弁書を決定した。


    続き 読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150207-OYT1T50010.html

    引用元スレッド:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423278263/
    【【政治】「ISIL」集団的自衛権対象なり得る…政府】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ジャストフェイスロック(庭)@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 08:15:32.87 ID:HwZTPWGE0.net 
     ◇外交ルートを通じてシリアとトルコ両国政府に協力要請

     フリージャーナリスト、後藤健二さん(47)がISに殺害されたとみられる事件で、警視庁と千葉県警の合同捜査本部は2日、
    後藤さんがシリアのIS支配地域に入る際に接触したとされる複数の外国人ガイドについて、事情聴取する方針を固めた。
    ガイドはシリアとトルコ国境を行き来しているとみられ、捜査本部は外交ルートを通じて両国政府に聴取への協力を要請することなどを検討している。

     日本政府関係者などによると、後藤さんは昨年10月24日にトルコ経由でシリアに入国し、翌25日にISの支配地域に入った後、拘束されたとみられる。

     後藤さんは11月1日ごろ、知人のシリア人男性に「ガイドに裏切られて拘束された」と電話しており、
    捜査本部はガイドらが何らかの事情を知っているとみて調べる。
    http://mainichi.jp/select/news/20150203k0000m040138000c.html
    引用元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422918932/ 【警視庁・千葉県警、後藤さんを裏切ったとみられる現地ガイドを事情聴取へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    b0aa4b7d
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/01/09(金)14:09:28 ID:???
    【パリ=内藤泰朗】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド本社が襲撃された事件では、
    同紙の名物編集長で風刺画家のステファン・シャルボニエ氏(47)も犠牲になった。
    イスラム教に限らず、宗教上のタブーに踏み込むことも辞さない挑発的な編集姿勢はしば
    しば物議を醸し、賛否両論を巻き起こしてきた。

     「コーラン(イスラム教の聖典)ではなく、フランスの法に従う」

     2009年に編集長に就任し、「シャルブ」の愛称で知られたシャルボニエ氏は11年
    11月、火炎瓶が投げ込まれて編集部が全焼した際、英BBCなどにこう述べた。事件は
    「過激派の大ばか者」の犯行で、イスラム教徒とは無関係だという見方を示した。

     シャルリー・エブドはシャルボニエ氏が編集長になる前の06年、デンマーク紙が掲載
    したイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を転載。その後、関係者は絶えず殺害すると
    脅迫され、警察の警護対象になっていた。

     フランス政府の自粛要請にもかかわらず、シャルリー・エブドは12年9月にもムハン
    マドの風刺画を掲載。13年にはムハンマドを漫画で描いた「ムハンマドの生涯」を発売した。
    b0296855_21311962
    Stéphane Charbonnier(ステファン・シャルボニエ)氏
    続き 産経ニュース

    http://www.sankei.com/world/news/150108/wor1501080054-n1.html
    http://www.sankei.com/world/news/150108/wor1501080054-n2.html
    引用元スレッド:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1420780168/
    【【仏紙銃撃テロ】 「コーランでなくフランスの法に従う」風刺武器の名物編集長、警護対象も壮絶な最期】の続きを読む

    このページのトップヘ