New保守宣言!!

2ch、Twitterなどから政治関連のニュースをまとめて不定期配信しています。

自民党

【速報】山際大臣、“マザームーン”と新たな写真 「写真を撮った覚えもない」「これまで確認できず反省」

1: Stargazer ★ 2022/10/20(木) 13:17:12.12 ID:D0FSl7Oe9
山際経済再生相と旧統一教会トップとの接点を示す新たな写真が明らかになった。

この写真は、2019年10月に愛知・名古屋市内で撮影されたもの。

旧統一教会の韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁の隣には、山際大臣がほほ笑んで写っており、ほかの国会議員の姿も見える。

山際大臣の事務所によると、旧統一教会のイベントには参加しておらず、別件で名古屋に出張した際に誘われ、写真を撮ったのではないかという。

事務所には資料がなく、写真を撮った覚えもないとしているが、「これまで確認することができなかったことについて、深く反省しております」とコメントしている。

山際大臣は国会で、「新しい事実がさまざまなところで出てくる可能性があり、その都度、説明責任を果たしていく」と答弁していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/58e53bf74ea8d359883e3a8a94f87c33b545d4f0

画像
no title

no title

no title


動画
http://youtu.be/CTmd6FnVzsg?t=211


【速報】山際大臣、自身と旧統一教会との関係「これから何か新しい事実が出てくる可能性がある」 ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666068682/
山際大臣「記憶の限りでは文鮮明氏にお会いしたことはありませんけれども、なにか出てくる可能性を全部否定するわけではありません」★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666232266/
山際大臣、旧統一教会教祖夫妻と「記憶の限りで、お会いしておりません」「記憶の限り、(姿を)見ておりません」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666234125/

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666234581/

続きを読む

【政治】岸田首相「私が責任持って解決」 旧統一教会問題 

1: ぐれ ★ 2022/10/17(月) 14:40:47.24 ID:bYc4me7w9
>>2022/10/17 11:29

岸田文雄首相は17日の衆院予算委員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題について「私自身は知る限り、旧統一教会とは関係を持たずに政治活動を行ってきたが、関係を持たない私が責任を持って未来に向けて、この問題を解決したい」と述べた。

ソースは↓
産経ニュース: 岸田首相「私が責任持って解決」 旧統一教会問題.
https://www.sankei.com/article/20221017-STYPSEJRXJJHDCZL5UNC2OB2EY/
※前スレ
【政治】岸田首相「私が責任持って解決」 旧統一教会問題 ★2 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1665978807/

★ 2022/10/17(月) 11:39:13.76

続きを読む

自民・二階俊博氏「媚中派とか言うけど、中国と話できなくてどうすんだ。言ってるお前は中国の誰と話できるんだ」 

1: Stargazer ★ 2022/09/23(金) 10:42:29.81 ID:e0Zo4o1l9
来週、国交正常化50年を迎える日本と中国の関係を振り返る「日中50」です。両国関係に欠かせないものに“議員外交”がありますが、最近では「媚中派」という批判の声がついてまわります。

自民党 二階俊博 元幹事長
「中国との間に格別の関係があるんですよ」

中国との“議員外交”を牽引してきた自民党の二階元幹事長。

中国 習近平 国家主席
「中国は中日関係の発展を重視しています」

2015年、およそ3000人の大訪問団を率いて訪中します。党役員としては異例の習近平国家主席との面会を行い、安倍総理の親書を手渡しました。

自民党総務会長(当時) 二階俊博氏
「3000人の皆さんの前で(安倍総理の親書を)渡すのが一番良かろうと思って」

2012年の民主党政権による尖閣国有化と翌年の安倍総理の靖国神社参拝によって、“戦後最悪”と呼ばれるほど関係が悪化していた当時の両国。この時の訪中がその後の習主席の来日に繋がるなど、関係改善に大きく貢献したとされます。“議員外交”について、二階氏はこう語ります。

自民党 二階俊博氏
「政府の使いではないんですよね。ですから、そういう新たな立場で、(議員外交を)積極的にやっぱり、やっていくっていうことが大事でしょうね」

当時の田中総理と周恩来首相が北京で国交正常化に合意してから、29日で50年。歴史認識や天安門事件などで、日中は幾度も困難な時期を迎えましたが、小沢一郎氏や福田康夫氏らによる“議員外交”が関係改善の起爆剤になってきました。

しかし、中国の軍事拡大や新型コロナウイルスの発生で、“議員外交”は厳しい局面に立たされています。

さらに日中関係を重視する政治家への「媚中派」「朝貢外交」との批判がインターネット上などで強まっています。

自民党 二階俊博氏
「媚中派とか何とか言うけど、中国と話できなくてどうすんだと、言ってるお前は中国の誰と話できるんだと。中国のどの発言、どの態度が悪いって言うなら、一言抗議にいけるかって」

二階氏は近隣の大国である中国と本音で語り合える関係こそが重要なのだと強調します。

自民党 二階俊博氏
「50年って言ったら長い年月だけども、(日中の関係を)大きく捉えたら、短い期間とも言えるんですね。日本は中国なしに、やっぱり国際社会でやっていけないでしょう。中国との関係っていうのは深いでしょう。こういうことをやっぱり忘れたら駄目ですよね」

安倍政権時代に合意した習氏の来日は現在も宙に浮いた状態です。

次の50年の日中関係に、“議員外交”は何が出来るのか。政治家たちの底力が問われています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4231726524a24639c001de3c9625d72f9ca57cfb
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1663829381/

続きを読む
Twitterフォローしてね
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内記事検索
国難にあってもの申す!
 
 
管理人にメッセージを送る

相互リンク、RSSなどのご連絡はこちらから。 記事もお待ちしております。

名前
メール
本文
 
嫌韓ちゃんねる
アクセスランキング
ランキングに参加しています
ランキングおしてね^^
ブログ村ランキング
QRコード
QRコード
アーカイブ
プロフィール

ko