New保守宣言!!

2ch、Twitterなどから政治関連のニュースをまとめて不定期配信しています。

    国際

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: お断り ★ 2023/10/29(日) 01:59:26.49 ID:iC4/qPCY9
    アメリカのジョー・バイデン大統領は25日、中国とフィリピンが領有権を争う南シナ海で両国の船が2度衝突したことを念頭に、南シナ海でフィリピン側に何らかの攻撃があった場合、アメリカはフィリピンを防衛すると中国に警告した。
    バイデン氏の今回の発言は、中国とフィリピンの両政府の緊張がここ数カ月で高まって以来、最も強力なものだった。
    中国外務省の毛寧報道官は、アメリカには「中国とフィリピンの間の問題に介入する権利はない」と述べた。
    詳細はソース BBC 2023/10/27
    https://www.bbc.com/japanese/67235950

    【バイデン大統領、中国がフィリピン攻撃なら「フィリピンを防衛」と中国に警告 南シナ海で中国船との衝突めぐり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2023/10/23(月) 14:57:28.63 ID:i1S6chk/9
    日本を除くG7の首脳は22日、イスラム組織ハマスと戦闘を続けるイスラエルの自衛権を支持するなどとした共同声明を発表した。

    アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・カナダの6カ国の首脳は共同声明で、イスラエルが、イスラム勢力ハマスによるテロから自国を防衛する権利を改めて支持することや、民間人の保護を含む国際法の順守を求めた。

    その上で、アメリカ人2人の人質の解放を歓迎し、残りの人質全員の即時解放を求めるとともに、ガザ地区から出国を希望する自国民の支援にむけた緊密な連携を確認した。

    これについては23日の会見で「6カ国の共同声明については、国際社会で中東問題をめぐっては様々な枠組みで議論や立場表明がなされてきており、今回もその1つとして実施された。これら6カ国は誘拐・行方不明者などの犠牲者が発生しているとされる国だ」と指摘した

    その上で「日本はカイロ平和サミットで、上川外務大臣からハマス等によるテロ攻撃を断固として非難した上で、人質の早期解放、一般市民の安全確保、すべての当事者が国際法を踏まえて行動すること、事態の早期沈静化が極めて重要だと発信している」と強調した。

    FNN 2023年10月23日 月曜 午前10:04
    https://www.fnn.jp/articles/-/604482

    ※関連スレ
    米英など6カ国がイスラエルの自衛権を支持し国際人道法の順守要請 [少考さん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1698020741/

    前スレ
    【G7】日本除く6カ国首脳が共同声明でイスラエルの自衛権支持…松野長官「6カ国は誘拐・行方不明者などが発生している国」 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1698028753/

    【【G7】日本除く6カ国首脳が共同声明でイスラエルの自衛権支持…松野長官「6カ国は誘拐・行方不明者などが発生している国」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: お断り ★ 2023/08/01(火) 16:05:00.12 ID:OV2DPIkY9
    米軍基地にマルウエアか 中国の工作と推定、有事に起動
    マルウエアは有事に発動させる仕組みで、例えば台湾に軍事侵攻した際に起動させて米軍を混乱に陥れ、台湾防衛を遅らせるような意図があるとみられる。米政府はマルウエアの探索や分析、除去を進めている。
    今回のマルウエアは、マイクロソフト社がグアムなどの通信システムに不審なプログラムを見つけたことがきっかけで5月後半に判明した。巧妙に埋め込まれており、全容の把握には至っていない。
    米情報当局は中国側の動きを探るため、あえてマルウエアを埋め込んだまま動静を注視する対応も検討したが、結局発見次第、除去を進める方法に決めた。
    詳細はソース 2023/7/30
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB302I90Q3A730C2000000/

    【中国、台湾有事の際に発動させるマルウエア(悪意のあるソフト)を米軍基地に仕掛けていた マイクロソフトが発見、米国が除去進める】の続きを読む

    このページのトップヘ