New保守宣言!!

2ch、Twitterなどから政治関連のニュースをまとめて不定期配信しています。

国際

南アフリカ大統領「渡航制限はアパルトヘイト。オミクロン株を最初に見つけたのがアフリカだ。どんなアパルトヘイトとも断固として闘う」 

1: スペル魔 ★ 2021/12/03(金) 21:04:48.86 ID:z2PBEIor9
 【アビジャンAFP時事】コートジボワールを訪れた南アフリカのラマポーザ大統領は2日、新型コロナウイルスの「オミクロン株」を理由にした南アへの渡航制限を「保健問題のアパルトヘイト(人種隔離)」と非難した。

 コートジボワールのワタラ大統領との会談後、訴えた。

 ラマポーザ氏は、アフリカ南部各国との往来を止めることは、経済への「計り知れない打撃」になると指摘。「オミクロン株を最初に見つけたのがアフリカだと、顔に平手打ちだ」と批判した。「どんなアパルトヘイトとも断固として闘う」と誓った。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/733263ad4ed1ddd7b4edbe1b6fe1f79292f4538d

続きを読む

【武漢ウィルス】オミクロン、症状が激しすぎてヤバイ

1: ブラディサンデー(東京都) [US] 2021/11/28(日) 20:12:25.49 ID:cxAD3eHE0

南アフリカで初めてオミクロン変異体の患者について当局に注意を促した医師が、The Telegraph紙に対し、この新しい変異体の症状は珍しいが軽度であると述べました。

Angelique Coetzee医師によると、今月初め、首都プレトリアにある多忙な個人医院に、すぐには理解できないCovid-19症状を持つ患者が来始めた時に、新しい変異型の可能性に気付いたとのことです。

患者の中には、激しい疲労感を訴えるさまざまな人種の若者や、脈拍が非常に高い6歳の子供も含まれていたという。味覚や嗅覚を失っている人はいませんでした。

「彼らの症状は、これまで私が治療してきた人たちとは全く異なり、とても軽かったのです」と、33年間開業医として活躍し、診療所を運営する傍ら、南アフリカ医療協会の会長も務めているコッツィー医師は語った。

11月18日、4人の家族全員にコヴィド-19の陽性反応が出て、完全に疲労困憊したため、彼女は国のワクチン諮問委員会に報告しました。

https://www.telegraph.co.uk/global-health/science-and-disease/south-african-doctor-raised-alarm-omicron-variant-says-symptoms/

続きを読む

【T】トランスジェンダー活動家がハリポタ作者の住所を晒し脅迫 前年の発言が“差別的”と炎上しターゲットに

1: かわる ★ 2021/11/24(水) 21:42:24.36 ID:mF7ziOLl9
 『ハリー・ポッター』シリーズで知られる英作家のJ.K.ローリングが11月22日(現地時間)、自身のSNSでTwitter上に自宅の住所をさらされ脅迫を受けたと明かしました。きっかけは19日に投稿された写真付きのツイート。ローリングの自宅前で、3人の活動家がトランスジェンダーの権利を訴えるパネルを撮影し、住所が確認できる形でアップしたものです。

 ローリングは写真が「住所が見えるよう慎重に調整し撮影された」とし、投稿について教えてくれたユーザーたちやTwitter運営、対応したスコットランド警察に謝辞を述べています。また投稿をリツイートした人は「たとえその行動を非難するためであっても」削除するよう懇願していますが、3人の活動家はすでにアカウントごと当該のツイートを削除しています。

 ローリングは2020年6月に、米WebメディアDevexによる「オピニオン:月経のある人にとって、より平等なポストCOVID-19の世界を作ること」という記事に、「“月経のある人”だって。昔はこの人たちを指す言葉があったんだけど。誰か教えて。ウンベン? ウィンパンド? ウーマッド?」と嘲笑(ちょうしょう)するようなツイートをし、多くの人の怒りを買いました。

 その後ローリングは自身の再登場に長い声明文を公開し、スコットランドでは自己申告のみで性別を変更できるようにする動きがあること、手術やホルモン治療を受けていないトランスジェンダー女性が女性専用スペースに入ることへ反対していること、また自身が20代に受けた性的暴行などについて記しています。

 しかしトランスフォビアと批判された自身の発言を取り下げることはなく、声明文公開後も批判は相次ぎ、『ハリー・ポッター』に関するイベントがキャンセルされるなどの抗議も続きました。

 またローリングは今回の脅迫に関して、自身は守られているがそうではない女性たちもいると、近年トランスフォビアだと批判され職を失うなどした女性たちの名を列挙。そして彼女らは「社会政治的な概念である性自認が性に取って代わることを無批判に受け入れないという理由で」SNS上で追い詰められたり、彼女らの雇用主が狙われたり、さらしやレイプを含む脅迫を受けていると主張しました。

 さらに3人の活動家たちについては、「住所をSNSにさらすことで、私が女性の性の権利について発言しないよう脅すことができると考えたのだろう」とし、「私が壁紙になるほど多くの殺害予告を受けてること、それでも発言するのをやめないことを考慮すべきだった」とツイート。そして「あなたたちの運動が女性にとって脅威でないと証明する最良の方法は、ストーキングやハラスメント、脅迫をやめることかも」と忠告しました。

 この連続したツイートのリプライ欄では、ローリングとその家族の無事に安堵(あんど)し心配する人や「こんな行為が正当化されると思う人がいるなんて」と活動家たちの行為を批判する人たちと、「性を性自認に替えようなんて誰が言った? それこそがあなたが誤解していること」「でも(ローリングの住所は)公開情報じゃない? Wikipediaで見つけられるし」「彼女は被害者面できるチャンスを逃さないね」などとローリングのツイート内容や投稿自体を批判する人たちとにきっぱり分かれました。

 「彼女は自分の考えを述べているだけなのに」との意見には「差別主義者が差別主義的な発言を“自由な発言”と言っても、それはやはり差別的な発言だからね」とはっきりローリングを差別主義者と呼ぶ人も多く、この論争はまだまだ続きそうです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/67d5d2fd75ae558bdcdafad6e446283663d237b1

続きを読む
Twitterフォローしてね
 
 
 
 
 
ブログ内記事検索
国難にあってもの申す!
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ko

管理人にメッセージを送る

相互リンク、RSSなどのご連絡はこちらから。 記事もお待ちしております。

名前
メール
本文
嫌韓ちゃんねる
 
アクセスランキング
ランキングに参加しています
ランキングおしてね^^
ブログ村ランキング
 
QRコード
QRコード
アーカイブ