New保守宣言!!

2ch、Twitterなどから政治関連のニュースをまとめて不定期配信しています。

    朝日新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【アホの朝日新聞】 偽ニュース発信者は社会を危うくする 取り締まる仕組みを作ろぅ (真顔)
    1: オベロン(チリ共和国) [US] 2020/06/28(日) 10:56:00.66 ID:VSmb1yXW0
    (社説)ネット上の中傷 事業者の社会的責任は


    ネット上にあふれる誹謗(ひぼう)や中傷にどう対処するか。
    ツイッターやフェイスブック、ヤフーなどは、情報交換の土台を担っていることからプラットフォーマー(PF)と
    呼ばれる。

    欧州には、問題のある投稿を短期間で削除することをPFに義務づけ、違反した場合は多額の罰金を科す国もある。

     ヘイトスピーチ対策に取り組んできた弁護士らは、政府から独立した第三者機関を設けて、申し立てを受けて
    投稿内容を審査し、PFに削除などを要請する仕組みを提案している。
    偽ニュース対策でも同様のことがいえよう。

    PF各社は社会的責任の重さを自覚し、具体的な行動で示してほしい。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14529245.html
    引用元スレッド:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1593309360/ 【【アホの朝日新聞】 偽ニュース発信者は社会を危うくする 取り締まる仕組みを作ろぅ (真顔)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【朝日新聞】日本人は日本兵に殺された 地獄を体験、絞り出した言葉   [電気うなぎ★]
    1: 電気うなぎ ★ 2020/06/21(日) 15:06:44.92 ID:QUpPFaeV9
     過酷な体験を語ってはきたが、それでも口にできなかった記憶がある。終わらない戦争の証しを残してきたけれど、不安がぬぐえない。県民の4人に1人が亡くなった沖縄戦から75年。生存者たちがいま、伝えたいこととは。
     
    語り部をしても、語れなかった記憶

     那覇市の安元勝子さん(81)は40年以上、県外の若者らに沖縄戦の体験を語ってきた。


    ↓以下ソースでご覧ください

    2020/6/21 8:00
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN6N6SMBN6NTIPE00C.html
    引用元スレッド:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592719604/ 【【朝日捏造新聞】日本人は日本兵に殺された 地獄を体験、絞り出した言葉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【朝日新聞】コロナ感染拡大せず「日本スゴイ」…戦時中と重なる嫌な流れ 「日常」「生活」は戦時用語
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [RU] 2020/06/21(日) 06:42:09.32 ID:mCccbwtg0
    「遊びに行くなら屋内より屋外を選ぶ」「料理に集中、おしゃべりは控えめに」――。
    新型コロナウイルスの感染予防対策として、政府が提示した「新しい生活様式」に沿った呼びかけを、街のあちこちで聞くようになった。
    感染抑止のためなのだから仕方がない。ポストコロナの新生活を始めよう。
    そんな受け止め方が広がる今の社会の空気について、戦時下文化を研究する大塚英志さん(61)に聞いた。

    ――大塚さんは「新しい生活様式」が、戦時下の光景と重なると指摘しています。どこが重なるのですか。

    「何より、『日常』や『生活』という用語の氾濫(はんらん)ですよ。『日常』や『生活』は、戦時下に盛んに用いられた戦時用語なんですよ。
    例えば、日米開戦前後を境に新聞や雑誌にあふれるようになった記事が『日常』や『生活』に関するものでした。季節ごとの家庭菜園の野菜を使ってつくる『漬けもの暦』や、古くなった着物でふすまを飾る事例の紹介など、今では『ていねいな暮らし』とでも呼ばれそうなものが、競うように掲載されたのです。

    戦後「暮(くら)しの手帖」の編集長となる花森安治は、当時は大政翼賛会で政治宣伝を担いつつ、並行して『くらし』をテーマにした婦人雑誌を何冊も編集しました。古い着物を再利用してふすまを張り替えようという記事は花森が翼賛会時代に編集したものです」

    ――手作りや時間をかけてつくった料理など「ていねいな暮らし」を大切にしよう、というのは、「すてきなこと」に見えますが。

    「一つひとつは、否定しようのない『すてきなこと』に見えます。しかしその目的はあくまで『戦時体制をつくる』ことです。タテマエは節約や工夫によって、物資不足に備えることですが、目的は人々に戦時体制という「新しい日常」に順化させることです。それを強力に推進したのが、大政翼賛会でした」

    「『新生活体制』として、『日…

    https://www.asahi.com/articles/ASN6N54S3N6HUPQJ006.html
    no title

    no title

    引用元スレッド:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1592689329/
    【【朝日新聞】コロナ感染拡大せず「日本スゴイ」…戦時中と重なる嫌な流れ 「日常」「生活」は戦時用語】の続きを読む

    このページのトップヘ